先へ進むためのディープクレンジング。

2020年4月23日

今日は本当に単なるブログ、日記です。

気が付いたら花は終わり、すっかり葉桜ですね。

 

どうもビジネスの世界で色んな立場で、まるで明暗が分かれているようにも見える世の中です。でも、自分だけが良いと言うのは成り立ちません。不安がない訳はない今、ドアは閉じても心を開いて、人と共有できる幸せを見つけたいと思っています。

 

新型コロナウィルス感染防止策を受けてサロンを休業とするとなっても、仕事がそんなに減らないもので、1日はあっという間に過ぎていきます。

 

疲れちゃったりする日もあります。体が痛いなんていう日も。

 

皆様は如何お過ごしでしょう?

 

通勤定期が切れる4月半ばまでは、ほぼ毎日サロンに行っていましたが、短い距離でも移動にはとても気を遣いました。

 

今は週に何日か行きながら自宅で仕事をしています。

 

休業が視野に入った当初は「やる事はなくならない、むしろ抱えていた事へ時間を使える」そんな意識でしたが、日が経つにつれ状況がどんどん変化し、お客様をはじめ周りのサロンオーナーさんたちやメーカー、広告会社との連絡で情報収拾が中心になっていきました。

 

ある程度情報が掴めた後は、自宅で仕事を進める環境を整えることにしたのですが、それは「10年以上も、あまり自宅に手をかけて来なかった結果」と向き合う事となりました。

 

進行中の仕事を自宅で進めなくてはならないし、何も必ずしも向き合う必要はなかったのかもしれませんが、とても私は必要性を感じました。掃除しなきゃ!!

 

確かにみなさん、自粛中にお掃除されたと言うお話は聞こえて来ます。

 

思い返せば、初めは自宅でサロンを兼ねていました。実にその頃からのお客様もいらっしゃいます。

 

その後3年程で西八王子のマンションへサロンを移しました。

そのタイミングで急激に仕事量が増えて、それからの16年ほど、自宅での時間が減って行きました。

 

結構年末にだけは大掃除をしていたのですが、何しろお休みが無いので31日にサロンと自宅をやっつける感じでした…

 

汚れよりも、意外と溜まる淀みのようなモノってあるんですねー!

 

正直、八王子明神町へサロンを移した時、西八王子の年月でサロンにはモノが溜まっていて相当処分しました。

って、こんな言い方は本当はダメですけどね!

 

本来は必要で揃えた「資産」なんですから。モノとかいっちゃって・・・

 

「そんなこと言うような扱いをするから自分に返ってくるのだよ」って、何かうまくいかない事が起きた時に思ってしまうような・・・

 

年数が経てば資産としての価値は減っていくのですが、それでも不用品かどうかの選別もいい加減にして取っておいた事は、本当に後で行き場に困る大変な事になりました。

 

思い当たる方、いらっしゃいますか???

 

 

どんなにきれいでも経年で価値がないんですねえ。進化するものは。

 

 

そもそも、棚卸しって大事ですが、見えない部分こそ?見えるように棚卸しするに越した事はないですね。

 

色んな意味でも無駄がなくなると思います。

 

いや、違います、見えない部分を作りたくない!!って思いました。

 

なんて言いますか、私は年齢が50歳を越えたのですが、サロン歴も20年目と、やっぱり積み重なってしまっているんですね・・・

 

性格的に新しい事を始めるのが大好きでここまで来ましたが、純粋に未来だけ掴み取る事を優先にできるというのは、初めの何年かだったのだなと痛感するのでした。

 

だから、また先に進むには、今の自分の中身との相談もできることが大切だと思うのです。

(中身、ちゃんとあるかな?私の)

 

自分の棚卸しは確かに必要でしたが、今回はモノ編。物質的な淀みをクリアにしたい、しなきゃいつ死ぬかわからない!?ぐらいの気持ちで向き合いました。

 

掃除って、年末にやっつけ仕事でも大掃除をすれば、すぐに新年になって気持ちがリセットしてしまったりしてませんでしたか?

 

私は本当にそうでした。

 

上っ面の片付けで終わってた、というか中途半端だったんですね〜。

 

今回の休業の中で、そこから一部屋一部屋、ディープクレンジングのように淀みをなくす作業をはじめました。

 

それでこの今の時期にまず足元を照らして、その先へ進むのだと言う気がしています。

 

目標はいつでもお引越しできる状態?!です。

 

***********************************************

 

そう言えば、私は50歳に近づくにつれて、サロンを続けるのか悩んだ時期がありました。

 

自分の棚卸しはその時しました。

 

色々考えて今、続けているのですが、その時に一人ではダメだと思ったのでした。

 

そのお話もまた書こうかな、と思います。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

2020新成人

そう、今年の新成人の義理の姪が、私が成人式で着た着物を着てくれたのですが、これは昨年の前撮り写真です。式典は地方なので1月より後の帰省の集中する時期にやる予定だったみたいで、11月に延期になったそうです。

 

あれ?ハタチって、産まれたのは私がサロンはじめた時だったんだ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ